COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

SKINCARE】【BODY CARE

2021.02.17

「シカクリーム(シカバーム)」が、マスク生活で再び注目されている?

韓国発、日本でも話題になったシカクリーム(シカバーム)が、いまあらためて注目されています。

 

過去にはカタツムリや毒蛇といった「生き物」にちなんだアイテムが人気を博した韓国コスメ。「シカ〇〇」という名前から、「鹿が使われている……?」とベタなことを考えた人は私だけではないはずですが、実際には鹿はまったく関係ありません(ちなみに毒蛇クリームも本当に毒蛇が使われているわけではありませんが、それはまた別の話)。

別名“皮膚再生クリーム”と呼ばれるほどの炎症抑制効果と肌修復効果

「シカ」の名は、病院や薬局等で手に入る「CICA-CARE(シカケア)」という粘着性のジェルシートが元になっています。シカケア自体、外傷やニキビのケア、産後の妊娠線の改善に使われるもので、このシカケア同様に肌をケアするアイテムに「シカ」という言葉が用いられるようになったといわれています。

 

シカクリームは別名“皮膚再生クリーム”とも呼ばれ、ニキビやニキビ跡といった肌トラブルに加え、シミ・シワなどの悩みを改善し、まるで肌が再生したかのような美しさが手に入れられると、数年前から度々コスメ通の間で話題に上がるようになりました。主要成分であるツボクサには炎症抑制効果があるといわれているため、マスク着用による肌荒れに悩む人が増えているいま、あらためてその効果に期待が寄せられているというわけです。

 

さらにこのツボクサエキス、ほかにもコラーゲン合成促進作用、色素沈着抑制作用なども併せ持っているというから、さすがWHO(世界保健機構)が“21世紀の驚異的薬草”と発表した薬用植物成分です。炎症を抑制して肌荒れを改善するほかにも美白効果、肌修復効果、抗老化といったシワやしぼみへの効果も期待できます。

 

もちろん肌に優しい天然成分で、敏感肌や赤ちゃんでも使えるアイテムが多いのも、ツボクサエキスを使った「シカ」製品をおすすめしたい理由のひとつです。

使い方は簡単! スキンケアの最後につけるだけ

ほとんどのシカクリームは、目のまわり以外の全身の肌に使用できます。年齢が現れやすい唇に使う人もいて、その場合はリップクリームのように使用します。ボディに使う場合も同様、清潔であれば事前のケアは必要ありません。ただし、顔に使用する場合は化粧水や美容液のあと、スキンケアの最後に使うのが基本です。気になる部分だけに使用してもいいですが、塗ってそのまま寝るだけでも見違えるような肌が手に入るので、私としては顔全体に使用するのが断然おすすめです。

 

シカクリームやシカバームという名前で知られていますが、化粧水や乳液、シートマスクなどさまざま種類が出ているので、取り入れやすい形でまずはチャレンジしてはいかがでしょうか。

パンテノールで肌荒れ等の修復・回復を促進

ツボクサエキスのほか、保湿や皮膚の修復に効果があるといわれるプロビタミンB5(パンテノール)を5%配合。恐らく原料臭と思われる香りをほんのり感じますが、ほぼ無臭です(口コミで木工用接着剤みたいだと形容していた方がいらっしゃいましたが、少しだけわかります……)。バームという名前ですが、伸びがいい軽めのテクスチャー。こっくりとしたリッチな肌ざわり、抜群のしっとり感で、肌表面がツヤッとモチモチになります。べたつきはなく、時間が経てばサラサラとしてきます。

 

シカプラスト バーム B5 40ml/ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)

外的刺激はもちろん紫外線からも肌を守る

ラ ロッシュ ポゼといえば、敏感肌の人も安心して使えるほど低刺激でありながら高い日焼け止め効果に定評があるブランドですが、このシカバームも例外ではありません。香りやテクスチャーは「シカプラスト バーム B5」同様。同じくプロビタミンB5(パンテノール)5%配合で、皮膚の修復や抗炎症効果が期待できます。朝、外出前のケアに使うなら、同時に紫外線対策もできるこちらがおすすめ。

 

シカプラスト バーム B5 SPF50 40ml/ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)

アベンヌ温泉水とツボクサエキスのベストタッグ

まるで絵の具のようなしっかりとした固めのクリームで、肌表面が保護されている感覚があります。しっとりしつつもベタつきはなく、塗った直後からサラサラとした肌触りです。ほぼ無臭。アベンヌ温泉水が不安定な肌を鎮静するほか、銅・亜鉛などの複合成分が働きかけ、雑菌の増殖を防ぎます。

 

シカルフェート リペアクリーム 40ml/アベンヌ(Avène)

乳液タイプで肌への浸透感が抜群

エマルジョン(乳液)という名前ですが、他のシカクリーム同様、全身に使えます。ウォーターインオイルのフォーミュラで伸びがよく、なめらかに肌になじんで塗った直後からキメが整うのを実感! 奥深くまでうるおっているのか、肌質もやわらかくなる気がします。少し青みがかっているので、メイク前に使用することでトーンアップが期待できるかも?

 

シカルフェートエマルジョン 40ml/アベンヌ(Avène)

文・写真/仲村智美