COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

MAKEUP

2020.11.26

意外と知らないかも? フェイスパウダーを使いこなして美肌度を上げよう

なんとなく使ったほうがいいのかな? くらいの感覚でフェイスパウダーを使っているという人も多いのではないでしょうか? もしそうだとしたらすごくもったいないかも! 実は、上手に使えばベースメイクの仕上がりをぐんとアップさせてくれるアイテムなんです!

 

フェイスパウダーの基本的な役割は、皮脂や汗を抑え、崩れを防いでメイクのもちを良くすること。そこへプラスして、透明感を出せるものや肌を明るく見せてくれるものなど、商品によってさまざまな特徴があります。

 

種類は大きく分けて2つ。ルースタイプとプレストタイプです。ルースタイプは粉状でサラサラとした形状が特徴的。ふんわりと軽い質感なので、ナチュラルな仕上がりが好みの方におすすめです。一方のプレストタイプは、固形でしっかりと肌に密着するのが大きな特徴。陶器のようなマット肌に仕上がる商品が多く、大人っぽい印象が好みの方や、しっかりカバーしたいという方に最適です。持ち運びにも便利なのでメイク直しにもぴったりですよ。

 

役割と種類が分かったら、お次は「色」にも注目を。色によってなりたい肌イメージを演出することができるので、ベースメイクの幅が広がりますよ。例えばピンク系ならイキイキとした血色感のある元気肌、イエローやベージュ系は色ムラをカバーして自然な雰囲気の肌、ブルーやラベンダー系ならくすみのない透明感溢れる肌に! という具合です。

 

最後に、仕上がりをワンランクアップさせるためのコツをご紹介。ポイントとなるのは、フェイスパウダーをつけるためのアイテム選びです。付属のパフでつける方が多いと思いますが、パフは均一にパウダーを含ませるのが難しく、ムラになりやすいアイテム。メイク慣れしていないと使いこなすのが難しいですが、フェイスブラシがあればパウダーを均一に含ませることができるので、ムラなく簡単に仕上げることができます。フェイスパウダーを含ませたブラシは1度手の甲やティッシュでササッと余分なパウダーを落としてから使うことで粉っぽくならず、より美しい仕上がりになります。

 

フェイスパウダーの選び方&使い方をマスターして、ベースメイク力を上げちゃいましょう!

4種のブレンドパウダーが生み出す、極上のツヤとフィット感

まるで粉雪のように繊細な粒子と、濁りのない肌色を実現するクリアカラーで極限まで本物の素肌のような質感に導くルースパウダー。

 

 アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー 17g/スリー(THREE)

キメ細かな微粒子パウダーで仕上げるパーフェクトメイク!

羽のように軽い微粒子パウダーがふわりと肌を包み、気になる肌悩みをカモフラージュ。瞬時に色ムラのない明るい肌へ整えるルースタイプのフェイスパウダー。

パーフェクティング ルース パウダー 10g/エスティーローダー( Estee Lauder)

さまざまな光に適応して、小ジワや毛穴を自然にカバー!

1日中絶えず変化する光を味方につけ、小ジワや毛穴の目立ちにくいなめらか肌に仕上げることができるプレストタイプのパウダー。

 

ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N 10g/ナーズ(NARS)

文/大西マリコ