COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

FEATURE】【SKINCARE

2019.05.28

君島十和子さんの美の噂を解明。 <スキンケア・前編>

十和子さん、その美肌の秘密を教えてください。

君島十和子さんに会って、まず驚くのがその肌。たるんでない! 毛穴がない! くすんでない! シワがない!の、ないない尽くしの美肌ぶりに聞きたいことが満載。20代での壮絶な肌トラブルをきっかけに生まれたという、十和子さんのスキンケアについて前後編でたっぷりお届けします。

十和子さん、毎日のスキンケア、どうしていますか?

(左) 美容液クレンジング・ FTCホワイトモイスチャークレンジング<医薬部外品>(¥3,300/FTC) 、(右)洗顔フォーム・FTCブライトニング ムースWB(200ml ¥3,800・税別/FTC)

「朝は段階的にスキンケアをしています。毎朝5:45ごろに起きたら、洗顔ムース『<上写真・右>FTC ブライトニング ムースWB』でTゾーンをメインに洗います。

導入美容液・FTCステムイン ダイレクトブースター プラチナム(30ml ¥8,500・税別/FTC)

その後すぐに導入ケアとして『FTCステムイン ダイレクトブースター プラチナム』を塗布。

ブライトニングミスト状化粧水・FTCパーフェクト ブライトニング ミストエッセンス VC(120ml ¥7,800・税別/FTC)

その後、ミスト状化粧水の『FTCパーフェクト ブライトニング ミストエッセンス』を塗布します。

(左)ブライトニング美容クリーム・FTC パーフェクト ラジカル ケアクリームVC(30g ¥12,500・税別/FTC) 、(右) 美白美容液・FTCザ ホワイトニング セラム PW<医薬部外品>(30g ¥4,600・税別/FTC)

さらに、ホワイトニング美容液の『FTCザ ホワイトニング セラム PW』、そして美容クリーム 『FTCパーフェクト ラジカル ケアクリームVC』という流れ。起き抜けすぐの第一スキンケアはそのような感じです」

完璧な朝のお手入れですね! その後は?

「朝のスキンケアの後は、家事やお弁当作り、朝食準備を済ませ、自分の身支度ができるタイミングになったら、もう一度肌状態をチェックします。そのときのお肌のコンディションによって、第二スキンケアも考えます。

例えば、お肌が揺らいでいるなと感じたら、再度ブースター美容液をつけ、その上にセラムを重ねたり、肌に不足していそうなものをプラスオン。

まつげ美容液・FTCパーフェクト FFラッシュセラム(4ml ¥3,800・税別/FTC)

このタイミングでまつげの美容液『FTC パーフェクト FFラッシュセラム』も必ず塗ります。

多機能日焼け止めクリーム・FTC UVパーフェクト FFクリーム プラチナム(30g ¥5,000・税別/FTC)

その後、化粧下地を兼ねた多機能日焼け止めクリーム『FTC UVパーフェクト FFクリーム プラチナム』を。ファンデーションをつけることもありますが、社内で打ち合わせやデスクワークのみのときは、これにポイントメイクだけのこともありますよ。日中、お肌が乾燥しているなと感じたら、ミスト状化粧水をサッと吹きかけて保湿しています」

帰宅後は、やはりすぐにメイクは落としますか?

「すぐに落としたいところですが、夕食の準備をバタバタとはじめたりと、主婦にはやることがたくさんありますよね。とはいえ、一日中外にいたお肌は酸化状態にあります。酸化は老化のはじまり。

ブライトニングミスト状化粧水・FTCパーフェクト ブライトニング ミストエッセンス VC(120ml ¥7,800・税別/FTC)

だから、帰宅後はすぐに抗酸化力のあるフラーレン入りのスプレーミスト『FTC パーフェクト ブライトニング ミストエッセンス VC』をひと吹き。まずここで酸化を食い止めるんです。

 

夕食を済ませ、バスタイムになったら、私は洗面所でクレンジングするようにしています。浴室でクレンジングされる方もいらっしゃると思いますが、絶対的に温度が高い気がするんです。

人間の皮脂は、だいたい28〜29度で溶け出すと言われているので、体温より高いお湯を浴びてしまうと、自分の肌に必要な皮脂まで流してしまうことになります。ですから、顔を洗う場合は洗面所で、ぬるま湯で落とすことが大切。お風呂から出たら、汗が引いた時点でまつ毛美容液とブースター美容液をつけ、ミスト状化粧水→美白美容液→クリームの順でケアしています」

そもそも、十和子さんが考える理想的なお肌とは?

「潤いと透明感に満ちて、年齢相応のハリ感と輝きのあるお肌。潤っていれば、透明感も出ますし、お肌の色ムラも出ません。さらにキメが整っていることも大事です」

スキンケアする際に、気をつけていることはありますか?

「とにかくお肌に余計な圧を加えないことです。

私は美容液やクリームを塗るときは、手のひらの面で塗るようにして、ピンポイントで力が入らないように気をつけています。

顔の皮膚はとても薄いので、指先でゴリゴリしてしまうと、お肌の弾力やハリをつかさどっている繊維細胞や脂肪層を痩せさせてしまうんです。加齢とともに、人は頭蓋骨が露わになっていくのに、皮膚や脂肪層が薄くなることで、余計に目が窪んで、老け顔になってしまいます。だから私は顔のマッサージもしないんですよ」

マッサージもしないとなると、美顔器も使わないですか?

「使わないですね。でも、世の中には素敵なものもたくさんありますし、それ自体は悪いことではないと思います。フェイシャルエステも、プロの方に適正な力加減でマッサージしていただけば効果的だと思います。美顔器もエステも、適正な使用方法に乗っ取った方法で行うのであれば間違いではないと思っています。ただ、日本人は真面目な方が多いので、どうしてもやりすぎてしまうんですよね。“過ぎたるは及ばざるがごとし”ではないですが、やりすぎは禁物。布だって、揉んだり引っ張ったりしたら、生地は毛羽立ったり、伸びたり傷んだりしますよね。それと同じで、物理的刺激は与えないに越したことはない、というのが私の考え方です」

でも、フェイスラインのたるみが気になって、マッサージしたくなるのですが……。

人差し指と中指の間に耳を挟み、やさしくほぐすように動かす耳まわりのマッサージ。少しの時間でも血行がよくなったような感覚に。
人差し指と中指の間に耳を挟み、やさしくほぐすように動かす耳まわりのマッサージ。少しの時間でも血行がよくなったような感覚に。

「私は顔のマッサージをしない代わりに、頭皮や耳まわりのマッサージはよくしますよ。たるみ防止にもなります。朝と夜に、スキンケアをした流れで頭皮マッサージをするんです。頭皮って、頭頂部から全身の皮膚を、上から下に引力をかけて引っ張っているようなもの。その引力に逆らうように、頭皮を戻すようにマッサージするんです。なるべく頭皮のたるみを元に戻してあげるように、意識的にほぐしてあげることが大事。

髪をブラッシングするのも、普通は上から下ですよね。重力やそういった日常の物理的動作で下に引っ張られているので、意識して戻してあげないと、顔だってたるんでしまうんです」

 

 

十和子さんのスキンケアへのあくなき探求心と実行力。それはその肌が証明している! まだまだ続く美容道は<十和子流 スキンケア・後編>で。

撮影/須藤敬一(人物・静物)、池田敦(静物・Pile Driver) 取材・文/井上幸子