COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

COLUMN】【HAIR CARE

2019.04.24

ダマスクローズシャンプーに幼稚園児も大人も夢中なの、の巻。

台湾在住の元雑誌編集者妻とデザイナー夫とその家族(娘2人、猫3匹)が、台湾のビューティ事情と日々の暮らしにとりいれたメイドイン台湾(MIT)コスメをご紹介する当連載(ちなみにタイトルにある美妝はメイクアップ、美容はスキンケアを意)。

我が青春はローズの香りとともにあり。

時は私が中学1年生だった頃。中高一貫校に入った私にとって、憧れの存在はなんといっても高校生のかっこいいお姉さま方。嗚呼、今でも思い出すのは、先輩方が髪をかきあげる度にふわ〜り漂ういい香りだ。おぉ!!大人って、こんなにいい匂いがするものなのね!と衝撃を受けたっけ。その帰り道、薬局で思わず手に取ったのはピンクのミニバラが散りばめられたローズ系のシャンプー&リンスだったなぁ。

 

憧れの先輩の2倍以上の年齢になった私の髪からは、今、ローズの最高にいい香りがしている。台湾の街で無駄に髪をかきあげたり、頭を振ったり、髪をフリフリ歩いている人がいたら、きっとそれは私だ(ぜひお声がけくださいませ)。

世代を問わず愛されてしまうMITシャンㇷ゚―参上。

我が家には常にシャンプーが数種類置いてある。その中で5歳から45歳まで誰もが好きなシャンプーが、いい匂いの正体。MIT(メイドイン台湾)ブランド「FARZO 花柔自然萃」の「大馬士革玫瑰修護洗髮精(ダマスクローズリペアシャンプー)」である。

なんて表現したらいいのだろう、素晴らしきこの香り。甘く芳醇、高級でピュアでナチュラルで。薔薇そのまま混じり気なしって感じ。美意識高い長女も、初めて使った日は「うわぁ〜〜いいにおい〜〜〜!!」と目を細めていた。

 

それもそのはず、ダマスクローズは薔薇の女王とも言われる花だ。薔薇の中の薔薇、最高のフレングランスなのである。素材の素晴らしさに加え、香りの持続力がお見事。

薔薇の修復力でエイジングヘアをなんとかしたい!

それから、潤い。使い始めてから、クセやうねりが気になりまくりの我がエイジングヘアがだんだんしっとりしてきた。毛先までツヤツヤになるまでもう一息、ってところ。

 

ダマスクローズのエキスに、アロエ、野桜エッセンスで、傷んだ髪を修復し頭皮と毛先を保湿。もちろんシリコンやエストロゲンは未使用だが、細かな泡立ちで気持ちよく洗える。

 

実はFARZOの他のヘアケア商品も逸品揃い。写真のトラベルサイズも可愛くてトライアルにもオススメだ。

 

前回の記事にも買いた通り、もちろん夫もこの薔薇のシャンプーに夢中である……。

(写真・文/MAO IKEDA)

思わずふり返りかえりたくなる美人をつくるバラのシャンプー。

嬉しいことに妻が若返ってきたのです。ずいぶん前から精神年齢が若返ってきているのはわかっていましたが(お小遣いをすぐつかってしまう。人のお菓子を勝手に食べるなど。立ち振る舞いが中高生のころによくある兄妹関係ようになってきている)、まさか外見も若返るとは!

 

若返りのもとはこのシャンプーにあったのはすぐにわかりました。なぜならば、ライオンのたてがみのようだった妻の髪型。昨今つやつやで健康的になりボリュームダウンよろしく可愛らしくまとまってきているからなのです。ん!? 髪型を変えたのかな? と思うほどイメージが変わったので、早速僕も使ってみることに。

 

こちらのシャンプーは頭皮が敏感な僕でも今のところは問題なし。フケっぽくも脂っぽくもなりません。髪が短いのでしっとり感はわからないのですが、トリートメントなしでもバサバサな感じはまったくありません。そしてなによりも最高なのは、洗い流す瞬間やお風呂上がりの時のバラの香りが爽やかに香る時。いい香りのした髪の時代。そう、ティーンネイジャーだったころの記憶が呼び戻される感じに近いかもしれません。 ああ!青春時代よ!

 

街角でこの香りのする髪の女性がいたら思わず振り返ってしまいそう! それが妻だったらそれはそれでオッケーなのですが。。。

(文/OMIJIKA Mame)

Check!【ブランド情報】

FARZO 花柔自然萃

ホームページ:http://www.farzohair.com/

Facebook:https://www.facebook.com/farzohair/

電話:02 2222 2162

メール:farzohair2018@gmail.com

 

Check!【商品情報】

大馬士革玫瑰修護洗髮精 300ml 720台湾ドル

 

Check!【お買い物情報】

ショッピングサイト:https://farzohair.qdm.tw

文/写真 MAO IKEDA & OMIJIKA Mame