COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

SKINCARE】【FEATURE

2018.11.21

Vol.3 「オーガニックコスメは、裏切らない化粧品」東福由香理さん

代官山と武蔵小杉に2店舗を展開するオーガニック・トリートメントサロン「Terme Felice」のブランドプロデューサー、東福由香理さん。セラピストとして「効果実感」を求めてたどりついたのが、オーガニックコスメでした。

東福由香理(とうふく・ゆかり)さん 34歳 肌質:敏感肌で、皮膚が薄くシミしわができやすい セラピスト歴:13年

代官山に本店を構えるオーガニックサロン「Terme Felice(テルメ・フェリーチェ)」ブランドプロデューサー。10代から百貨店に入っているブランドコスメに興味を持ち、セラピストとして独立開業を目指す。近年は、スキンケア開発アドバイザーやサロンプロデュース、セラピスト育成などを中心としながら、セラピストとして施術にも携わり続けている。WEBサイト:http://tfdbeauty.jp/

 

使い続けることで皮膚の気質が変わっていくオーガニックコスメ

中学時代に美容に興味を持ちはじめ、10代のころは百貨店に入っているようなブランドを中心に、「いい」と聞いたコスメをいろいろと試していた東福さん。セラピストを目指したのは、ニキビに悩む友人の相談にのっているうちに「肌の悩みを持つ人の力になりたい」と思うようになったことがきっかけでした。

 

ところが、最初に勤めたサロンで「スキンケア商品による効果は思っていたほど大きくないのではないか」と感じはじめます。

「肌に変化をもたらすのはほんとうに難しいと思い知りました。お客さまは時間とお金をかけていらしてくださるのに、それほど力になれている実感が持てなかった。当時はまだオーガニックコスメはほとんどなかったんですが、独学で皮膚のことを学び、いろいろと調べていくうちにオーガニックコスメに出合ったんです」

 

使ってみると、ほかのコスメとくらべて明らかにちがいがありました。「1回で劇的に変わるわけではないけれど、使い続けることで皮膚の気質が変わっていく」という実感を得た東福さんは、「独立するときには完全なオーガニックサロンにしよう」と決意。10年前にサロンをオープンしてからは、スキンケアコスメはもちろん、お客さまにお出しするお茶、肌に触れるリネン類、掃除用具にいたるまで、可能な限りオーガニックのもの、環境に配慮したものを使用しています。

オーガニックコスメを選ぶ基準は老舗ブランド。

オープン当初は「オーガニック」ということばも、施術の意味での「トリートメント」ということばも認知度が低く、「キュウリでパックをするサロンなの?」と訊かれたり、髪の毛のケアをするお店と勘ちがいされたりしたこともあったそう。それでも「ぜったいにオーガニックコスメのよさは伝わる。皮膚が本来持っている“美しさを保つ機能”を損なわないように、良質のオイル美容と皮脂を落としすぎず油分を補うクレンジングをベースにしていこう」と、さまざまなオーガニックコスメのブランドに触れ続けてきました。

 

そんな東福さんがオーガニックコスメを選ぶ基準は「老舗ブランド」です。現在は、シュタイナーも関わった医療用薬草エキスの製造で知られるドイツのソルーナ研究所のコスメブランド「SOLUNA(ソルーナ)」、シュタイナーの思想に基づいてアロマコスメをつくっているスイスの「ATHANOR(アタノール)」、オーストラリアの自然療法家のクリニックから生まれた「JANESCE(ジャネス)」など、皮膚の再生能力を損なわず活かすブランドをいくつか愛用しています。

 

古くから植物療法が根づいているヨーロッパでは、現在もハーブやアロマオイルがとても身近な存在です。たとえばドイツやフランスにはメディカルハーブ専門の薬局がありますし、スイスの薬局では先進の医薬品と並んでハーブティーやハーブの抽出水なども扱っています。そのような文化のなかでオーガニックのアイテムを長年地道につくり続けているブランドは、技術力も高いし信頼できる、と東福さんは考えているのです。

 

最後に「オーガニックコスメをひとことで表現すると、どんな化粧品ですか?」と訊ねると、迷わず「裏切らない化粧品です」という答えが返ってきました。

「“裏切らない”というのは使ったら使っただけよくなるという意味ではなくて、結果がはっきり出るということです。肌の調子がよくなるならよくなるし、合わない植物もはっきりしている、という正直さがあるところも好きですね」

東福さん愛用オーガニックコスメ①

ルイ14(100ml ¥8,100・税込/ATHANOR「16世紀後半から17世紀初頭にかけてフランス王国を治めたルイ14世が、兵士の傷を治す目的で侍医につくらせたハーブローションのレシピを再現。81種類のハーブをブレンドしていて、顔にもボディにも使える万能ローションです。わたし自身も愛用していますが、お客さまも高い効果実感が得られるようで、サロンで販売しているアイテムのなかでリピート率がいちばん高いんですよ」

東福さん愛用オーガニックコスメ②

ジェントル クリアリング ウォッシュ(50g ¥5,940・税込/JANESCE)「細かく砕いたアーモンドがベースのディープ洗顔料です。アーモンドのスクラブ粒子が肌の深部の汚れを取り、ハーブが潤いを与えてくれるので、ふっくらとして透明感のある仕上がりに。肌のトーンアップが感じられますよ」

東福さん愛用オーガニックコスメ③

セタ マッサージオイル(15ml・¥1,620・税込/ATHANOR)「7種類の植物油と6種類の精油がブレンドされたボディ専用のマッサージオイル。筋肉に張りや凝りが感じられるとき、疲労感が強いときのケアに使っています。ふくよかな香りに包まれて、気分的にもすごくリラックスできるんです」

写真/細川葉子 取材・文/久保加緒里 撮影協力/Terme Felice 代官山本店