COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

SKINCARE】【FEATURE

2018.11.22

「オーガニックコスメの持つストーリーに惹かれます」生田和余さん

都会の喧騒から一歩離れた東京世田谷・桜新町で、オーガニックコスメを使用したエステサロン「Healing Salon SOMI(ヒーリングサロン・ソミ)」を営む生田和余さん。化粧品製造会社に勤務していた20代にさまざまなブランドの高級コスメを試した生田さんが、オーガニックコスメに関心を抱くようになった理由とは?

生田和余(いくた・かずよ)さん 43歳 肌質:ややドライ肌 セラピスト歴:12年

化粧品、広告、舞台演劇などの仕事で多忙な20代を過ごしたのち、心身の不調を改善するためにアロマテラピーやヨガ、自然療法を学ぶ。現在は、世田谷・桜新町に「Healing Salon SOMI(ヒーリングサロン・ソミ)」を構え、オーガニックコスメを使ったトリートメントを行うほか、スキンケアのレッスンも開催。(WEBサイト:http://so-mi.jp/)

 

植物の瑞々しい香りに衝撃を受けて。

化粧品をよく知る人が最終的にオーガニックコスメに落ち着くというケースは多いそう。生田さんもそのひとりで、20代前半に化粧品製造会社に勤務していたころはあらゆるコスメブランドの高級な化粧品を仕事で試す日々を送り、退職後は低価格なドラッグストアコスメで満足していた時期もあったと言います。

 

「転機が訪れたのは20代後半。舞台演劇をやっていたときに、ダンサーさんはじめ、身体を使う方と一緒にツアーをまわるなかで、身体のメンテナンスの大切さを知ったんです。その後、体調不良をきっかけにアロマセラピーやヨガ、自然療法を学びはじめ、同時にオーガニックコスメにも興味を持つようになりました」

 

オーガニックコスメへの傾倒は、15年前にヨーロッパを訪れた際に一気に加速します。イギリスやドイツで植物療法がベースとなった化粧品が充実していたことに驚いた生田さんは、ドイツ滞在中にオーガニックコスメブランドのパイオニア「WELEDA(ヴェレダ)」のクリームを購入。「それまで使っていたコスメとはまったくちがう植物の瑞々しい香りに衝撃を受けました。すっかりオーガニックコスメに魅了され、帰国してからは、いち早く日本に上陸していたオーストラリアの“Jurlique(ジュリーク)”を使いはじめたんです」。

 

そして、ついにはJurliqueのサロンでセラピストとしてのキャリアをスタート。

その後も数店舗のサロンで研鑽を積みながら、オーガニックコスメに限らずドクターズコスメなどさまざまな化粧品を試し続けましたが、結果的には「やっぱりオーガニックコスメがいいな」という想いを確認することになったそう。

 

「オーガニックコスメにはストーリーがあるんです。どこでどのように栽培された材料を使い、どのようなブレンドをしているのか、どのような想いでつくっているのかなど、バックボーンを知ることで、よりいっそう愛着が持てるし、お客さまになにか訊ねられても明確にご説明できます。それって、すごく安心できるじゃないですか」

オーガニックコスメが好きだからこそ、強くこだわりすぎないように。

現在は、西洋のアロマテラピーと中国医学、鍼灸療法の融合から生まれた「de Mamiel(デ・マミエール)」、皮膚をひとつの「臓器」としてとらえてドイツの伝統植物療法をベースに開発している「VERIMA(ヴェリマ)」、化学物質を完全に排除して100%天然由来の成分で製品をつくっているイギリスの「ila(イラ)」などをメインに使っています。いずれもストーリー性と効果実感の高さを兼ね備えたブランドです。

 

ヨーロッパには、腕の立つ職人さんがひとりでつくっているような小さなブランドもたくさんあるそうですが、「その唯一無二の物語には強く惹かれます」と生田さん。

「素材の状態を見極め、気温や湿度などを考慮しながら仕込んでいく作業には、マニュアル化できない経験や勘も必要だと思いますし、いまブレンドしている方が引退されたらまったく別のものになってしまうかもしれない、というところまで含めてライブ感を楽しみたいんです。日本でもいろいろなブランドのオーガニックコスメが手に入れられるようになったいま、オーガニックコスメが好きだからこそ、強くこだわりすぎることなくそのときどきの体調や肌にとってベストなアイテム、ベストなケアを模索し続けていきたいと思っています」

生田さん愛用オーガニックコスメ①

シーズナル フェイシャルオイル(20ml ¥18,000・税別/de Mamiel)「デ・マミエールの基本的な考え方のひとつとなっている中国医学では、季節の移ろいも重要なファクターのひとつ。四季の気候の特性、体調や肌の変化を的確にとらえたフェイシャルオイルが、春分、夏至、秋分、冬至と年4回リリースされるんですが、肌にも気分にもしっくり馴染むテクスチャーと香りが気に入っています」

生田さん愛用オーガニックコスメ②

アルティテュード オイル(10ml ¥6,000・税別/de Mamiel

「中医学、鍼灸、アロマテラピーの考え方をベースに、呼吸を楽にしたり気分をリフレッシュするといわれる天然精油が7種類ブレンドされています。濃度が高いので広い範囲には使えませんが、香りによるリラックス効果は絶大です。現代の、とくに都会での生活は呼吸が浅くなりがちですが、手に1滴落とした上質な香りをスッと嗅ぐことで自然と深呼吸ができる。香りの効果とあいまって心身ともに解きほぐされていくのがわかります」

生田さん愛用オーガニックコスメ③

モイスチャーエッセンス(30ml ¥11,400・税抜/VERIMA「200倍に濃縮されたアロエヴェラエキスが入っていて、どんなに乾燥した肌でもふっくらと潤う美容液です。保湿力が高いだけでなく、メイクの上からでも使用できる使い勝手のよさも魅力です」

写真/細川葉子 取材・文/久保加緒里 撮影協力/Terme Felice 代官山本店