COSME DE NET

FOLLOW US

  • .&cosme
  • .&cosme
  • .&cosme

BEST COSME】【SKINCARE

2019.12.15

.&cosme美容のプロが2019年総決算! <本気で本音のベストコスメwith裏ワザ ~スキンケア部門 第1位~>

人気企画が2019年もきた~! 美容ライターが選ぶ「ベストコスメ」を一挙公開

平成から令和に元号が変わり、時代の変化を色濃く感じた2019年もまもなく終わり。2018年末に公開して大好評だった「美容ライターが本音で選ぶ2019年のベストコスメ」のアンケートを、今年も実施いたしました。

.&cosmeの連載コラムを担当している12名の美容ライターさんたちが、「今年使ってほんとうによかったアイテム」を、コスメデネット掲載アイテムのなかからピックアップ。「スキンケア・基礎化粧品部門」「メイクアップ部門」「ヘアケア部門」「ボディケア部門」「ナチュラル・オーガニック部門」の5部門で選ばれたアイテムを一挙にご紹介いたします。

今年は各アイテムのおすすめポイントと併せて、選者のみなさんの「裏ワザ的使い方」も教えていただいています。新たな発見もたくさんあるはずですので、じっくりお楽しみください。

今回は、スキンケア部門の第1位を発表します!!

河村美枝さん&山崎多賀子さんのスキンケア第1位

クリーム ポーラ ホワイトショット RXS

河村美枝さん 1位

【選出理由】

「美白実感が高い『ホワイトショット』、今年は美容液に加えてベーシックケアアイテムが登場しました。なかでもおすすめは、このクリーム『美白ものは保湿力が満足できない』という固定観念を覆してくれました。ふわっと軽やかになじみ、しかも翌朝までしっかりとした保湿感があります」

【My裏ワザ】

「ちょっと贅沢ですが、夜寝る前に、シミがうっすらと気になり出した手の甲にもつけています。ベタつかないので、お布団を汚す心配もなく、半年ほど使い続けてシミの存在感がなくなってきたように感じています」

 

山崎多賀子さん 1位

【選出理由】

「美白効果に加えて夏の暑さ焼けに焦点を当てた点が、とても腑に落ちたクリーム。夏の肌はUVカットしてもなぜかくすみがちなのですが、今年は透明感がキープできました」

【My裏ワザ】

「裏技というほどではありませんが、私は夜よりも朝多めに塗っています。予防が大切だと思っているので」

井上幸子さん&小林賢恵さんのスキンケア第1位

化粧水 ポーラ ホワイトショット LX

井上幸子さん 1位

【選出理由】

「日本で約10年ぶりとなる新承認美白有効成分を配合している革命的美白ローション。表皮細胞のエネルギー自体を高めるという新しい着眼点に大きな期待を寄せていた逸品。とろっとしたコクのあるテクスチャーで、無香料なのも飽きがこなくてデイリー使いにぴったりな印象。使い続けるうちに、確実に肌の明度が上がっていくのを実感しました」

【My裏ワザ】

浸透力をよりアップさせるため、手に取ったらしばらく手の中で温めます。その後両手でやさしく肌にハンドプレス。冷たいまま付けるより、肌なじみがUPしますよ。

 

小林賢恵さん 1位

【選出理由】

「ポーラの美白コスメ『ホワイトショット』は、もともと好きで信頼しているシリーズ。私は無類の化粧水好きなので、今回の『ポーラ ホワイトショット LX』の登場は嬉しい限りでした。毎回のお手入れで必ず使うアイテムだけに、その蓄積がよい結果をもたらしてくれると信じて使いました。そのおかげか、秋になっても新しいシミを発見していません」

【My裏ワザ】

「化粧水はバシャバシャたっぷり使う主義なのですが、この化粧水に関しては、きちんとなじませることを重視して使いました。手のひらにとったあと、まず手の甲や指先になじませ、その手で肌のすみずみを触りながら、押し込むように使い、シミのできやすい目もと、頬上に重ねづけしました」

青木奈穂さんのスキンケア第1位

クリーム ドクターハウシュカ リバイタライジングマスク

【選出理由】

「ドクターズコスメという安心感と、肌が疲れているとき&どうしても肌の元気を取り戻したいというときに『これを使えばなんとかなる!!』という絶大な信頼を寄せている『お守りクリーム』です」

【My裏ワザ】

「今日は、どうしてもお肌を元気にしたい!」というときに厚めに塗布して、スチーマーにあたりながら軽くマッサージをして洗い流します。応急処置的な方法ですが、これでたいていのお疲れ肌は蘇ります。

浅川あづささんのスキンケア第1位

オイル ニュクス プロディジュー オイル

【選出理由】

「アルガンオイル入りでコスパが良い、いいとこどりのブレンドオイル。高級感のある香りもすぐに消えるので他の香りも邪魔をしません。お風呂上りに顔、髪、体に一本でケアできるので、時短ビューティには最適なのでは?」

【My裏ワザ】

「手のひらに馴染ませたりはせず、洗顔後に直スプレー(!?)その後は顔面下から上方向に素早く広げます。手のべたべたは髪に広げておしまい!」

杉浦凛子さんのスキンケア第1位

美容液 コスメデコルテ iP. Shot アドバンスト

 

【選出理由】

「個人的に『シワ改善コスメ』にハマり中で、色々試したなか、すごく使用感がよかったこちらをピックアップ。目尻など狭い範囲はピタッと、おでこや首のシワにはスーッとのびて心地いいです。翌朝の目元のピンとしたハリ感も大満足」

【My裏ワザ】

「ほうれい線になじませるときは、最初に手をグーにして人差し指の角で頬骨の下のつまりを押し込みほぐしてから、つけると効きがアップする気がしています」

中尾慧里さんのスキンケア第1位

クレンジング料 ラ・プレリー シュプリーム バーム クレンザー

【選出理由】

「『クレンジングが面倒だな』という気持ちを払拭させてくれる、心地よいテクスチャーが気に入っています。リッチなバームが肌上でほわんとオイル状にとろけ、乳液のようなまろやかなタッチに。濃いめのメイクも、こすることなくスッと落とせます。2019年発売のクレンジングでイチオシです」

【My裏ワザ】

「気になる小鼻の毛穴あたりを、付属のモスリンクロスでくるくるマッサージすると、毛穴の奥から汚れが浮き出します。クレンジング後、蒸しタオルを載せると肌がさらに柔らかくなります」

夏目 円さんのスキンケア第1位

美容液 コスメデコルテ モイスチュアリポソーム

【選出理由】

「どんなに肌が乾いていても、数日使うだけで肌が安定(復活)してくる。マイナスになった肌をゼロに、そしてプラスへと、使い続けるうちに肌の調子がどんどんよくなってくるのです」

【My裏ワザ】

「とにかく重ねること。手のひらをこすり、手をあたためてから顔に塗布してハンドプレスします」

奈部川貴子さんさんのスキンケア第1位

洗顔料 ダーマロジカ デイリー マイクロフォリエント

【選出理由】

「私は毛穴汚れや古い角質がたまりやすいので、さまざまな角質除去系コスメを使い倒してきましたが、これは秀逸。ダーマロジカの中でも特に人気のパウダータイプの角質除去料で、心地よく泡立つので洗顔代わりにもなります。

Tゾーンのざらつきやあごの角質肥厚などを酵素の力でスッキリ落とせますし、洗い上がりも変につっぱらず、ツルツルで自分の肌に『いいね』したくなります」

【My裏ワザ】

「特に毛穴が目立つところを丁寧に洗うようにするとスッキリ感がちがいます」

三尋木志保さんのスキンケア第1位

美容液 ランコム ジェニフィック アドバンス N(リニューアル後)

【選出理由】

「この一年は、ここぞという時にランコムのスキンケアに助けられてきました。いちばん好きなのがこの『ジェニフィック アドバンスト』。抜群の浸透力と透明感が期待できる『美肌菌』美容液です。使い続けると肌が強く健康になるのを実感できます」

【My裏ワザ】

「私は夜に集中して使っています。化粧水の後に通常の倍くらいの量を数回に分けて重ね塗り。仕上げはハンドプレスでなじませるように。クリームをサボっても翌朝のしっとり感と透明感は保証します」

吉田ゆう子さんのスキンケア第1位

クリーム シャネル イドゥラ ビューティ クリーム

【選出理由】

「スキンケアコスメのセレクトは、今年は自分にとっての『コスメ原点回帰』。美容ページの連載や企画を数本抱えて、いまだかつてない数のコスメ(仕事と趣味を兼ねて)を手元に置き、日夜試していた……あの頃。使用感に大満足だったものを(肌の記憶に従い)、王道ブランドからセレクトして、自分のコスメの歴史を振りかえって、いま楽しんでいます。

このクリームは、フローラルをベースとしたやさしいフルーティー ノートがほのかに香るのが魅力。優雅な気分に浸りながら、肌にうるおいを与えたい時に。かたすぎず、ゆるすぎないテクスチャーも心地よい。しっかり肌をうるおわせてくれる働きは『さすが、シャネル』です」

【My裏ワザ】

「夜は、顔だけでなく首にも塗っています。その前に、ホットタオル+化粧水の準備も忘れずに。いつもできるわけではないのですが、肌(首筋)をほぐしておきたいのです。顔は、クリームを両手で温めてから塗りのばすようにしています」

 

取材・文/久保加緒里

撮影(アイキャッチ画像)/池田敦(Pile DRIVER)

PROFILE

久保 加緒里

久保 加緒里

(くぼ・かおり)フリーエディター、ライター

1972年、東京都生まれ。輸入車を中心とした自動車専門誌の編集部を経て、1997年よりフリーランスの編集&ライターとして活動をはじめる。雑誌、PR誌、Webサイトなどさまざまな媒体で、食、インタビュー、旅、インテリア、カーライフなど幅広いジャンルの企画に携わっている。

TAG